検査項目

GeneLife Genesis2.0 / 血液・免疫

血液中のフィブリノーゲン濃度

項目概要

フィブリノーゲンは、血液が凝固する際に必要となるフィブリンの原材料となるタンパク質です。感染などの炎症時に迅速に反応し、身体の防御反応に関与しています。

解析遺伝子情報

関連遺伝子 説明
LEPR LEPR遺伝子はレプチンというホルモンの受容体を産生する遺伝子であり、脂肪の燃焼に関与すると考えられています。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
IL6R IL6R遺伝子はインターロイキン6の受容体を産生する遺伝子であり、細胞増殖および分化を調節し、免疫応答に関与することが知られています。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
NLRP3 NLRP3遺伝子はインフラマソームと呼ばれる炎症性タンパク質複合体の構成成分の1つを産生する遺伝子です。この遺伝子がTC型CC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
IL1F10 IL1F10遺伝子はインターロイキン1ファミリーに属するサイトカインの一種を産生する遺伝子です。この遺伝子がAG型GG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
CPS1 CPS1遺伝子はアンモニアや炭酸水素塩からのカルバモイルリン酸を合成する酵素を産生する遺伝子です。この遺伝子がTC型CC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
FARP2 FARP2遺伝子は破骨細胞の分化において機能するタンパク質を産生する遺伝子です。この遺伝子がTT型TC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
PCCB PCCB遺伝子はプロピオニル-CoAカルボキシラーゼのサブユニットを産生する遺伝子です。この遺伝子がTA型AA型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
HGFAC, LRPAP1 HGFAC遺伝子は肝細胞増殖因子を活性化するタンパク質を産生する遺伝子です。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
FGB FGB遺伝子はフィブリノーゲンの成分の一つを産生する遺伝子です。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
IRF1 IRF1遺伝子はインターフェロン制御因子の一種を産生する遺伝子であり、インターフェロンの転写を活性化することが知られています。この遺伝子がTT型TC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
PLEC PLEC遺伝子は細胞骨格間を結ぶ仲介因子を産生する遺伝子であり、細胞や組織の物理的な強度に寄与していると考えられています。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
JMJD1C JMJD1C遺伝子はヒストンの脱メチル化酵素を産生する遺伝子であると考えられています。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
TTC17 TTC17遺伝子は現在研究中の遺伝子であり、その詳細な機能は不明です。しかし、この遺伝子がTG型GG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
DIP2B DIP2B遺伝子はDNAメチル化に関与することが示唆されているタンパク質を産生する遺伝子です。この遺伝子がAA型AG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
SH2B3 SH2B3遺伝子はサイトカインのシグナル伝達の抑制因子を産生する遺伝子であり、造血過程で重要な役割を果たしていると考えられています。この遺伝子がGC型CC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
SPPL2A SPPL2A遺伝子はGXGDファミリーに属するアスパラギン酸プロテアーゼを産生する遺伝子です。この遺伝子がCC型CG型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。
CHD9 CHD9遺伝子はクロモドメインタンパク質の一種を産生する遺伝子であり、クロマチンに結合して転写の制御に関わる事が知られています。この遺伝子がTT型TC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が高い傾向にあると報告されています。
CD300LF CD300LF遺伝子は免疫応答に関与する糖タンパクの一種を産生する遺伝子です。この遺伝子がTT型TC型の場合、血液中のフィブリノーゲン濃度が低い傾向にあると報告されています。

知ることで、行動を変える。
遺伝子検査ベストセラー最新版をあなたにも。

ジーンライフ遺伝子検査ベストセラー最新版!多因子疾患(生活習慣など環境要因と遺伝的要因が合わさって発症する疾患)リスク傾向が分かるため、生活習慣を見直すことで予防・改善が見込めます。

他の遺伝子検査(Diet / Skin / Sports / Haplo)結果が含まれ、生活習慣病や各種がんなど疾患リスクから、感染症やアレルギー、ダイエット関連・肌質美容関連の体質、祖先のルーツまで世界最大級約360項目の遺伝的傾向をまとめて解析します。

Genesis2.0

肥満タイプや疾患のリスクなど約360項目を解析できる遺伝子検査キット

¥29,800(税抜)
GeneLife3.0

GeneLifeシリーズの遺伝子検査を受けたユーザー向けヘルスケアアプリ

よくある質問

遺伝子検査で何がわかるのですか?
自分の体質や、将来かかりやすい病気がわかります。遺伝的リスクを知り、生活習慣を見直すことで早い段階から的確な予防を行うことができます
健康診断や医療機関のアドバイスと比較した場合、どちらを優先させるべきでしょうか。
本検査は医療行為に該当しないものであり、検査結果は診断ではなく、医師の診断内容や処方箋を置き換えるものではありません。医師の診療を受けている、もしくは将来的に医師の診療を受けた場合には、医師の指導を優先してください。
一生のうち、いつ検査をしても結果は変わらない?
遺伝子の情報は、生涯変わることはありません。一生に一度きりの検査で、今後気をつけるべき食生活、生活習慣などを把握することができます。将来の健康維持にお役立てください。
現在妊娠中ですが、検査は受けられる?影響はない?
検査をお受けいただけます。遺伝子検査で採取するのは、口腔内のDNAの情報となりますので、妊娠中の方でも体に負担をかけることなく、安心して検査を受けられます。また、遺伝情報は生涯変わることがありませんので、妊娠中でも、遺伝子に変化は起こりません。
個人遺伝情報及び個人情報の保管・管理はどのようになっていますか?
当社はお客様の個人遺伝情報及び個人情報の保管に万全の体制を導入しています。 日本の法律上、個人遺伝情報は個人情報保護法に基づいて管理を行っています。当社は個人遺伝情報取扱事業者であり、個人遺伝情報及び個人情報の取扱いは、経済産業省が定めているガイドライン(※1)並びに特定非営利活動法人個人遺伝情報取扱協議会の自主基準を遵守しており、個人遺伝情報の正確性の確保、安全管理措置、従業者の監督及び委託先の監督を行っています。尚、お客様の解析データは結果通知時から1年間保管しますので、期間中はいつでも結果が閲覧できます。検査後にお申出いただければ、個人遺伝情報及び個人情報のデータ削除も承っております。
※1「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」(平成16年12月17日策定、平成29年3月29日改訂)

お問合わせ

サポートスタッフが
ご質問・ご相談にお答えします
平日 10:00〜13:00 / 14:00〜17:00
(土日祝を除く)

累計解析実績

2020年4月 自社調べ

amazonランキング第1位

遺伝子検査ランキング
2020年1月20日時点

楽天ランキング第1位

郵送検査・遺伝子検査キットランキング
2020年1月15日時点