よくあるご質問

  • Haplo(ハプロ)とはなんですか?
  • Haplo(ハプロ)とは? ゲノム全体において、いずれかの片親に由来する遺伝子の組合せを指します。 この組み合わせをハプロタイプと言います。本検査キットは母系のミトコンドリアを対象とした組み合わせの事を意味し、 商品名のHaplo(ハプロ)の由来はハプロタイプから来たものです。
  • ミトコンドリアDNAとはなんですか?
  • ミトコンドリアDNA(mtDNA)とは母親からのみ遺伝するDNAです。 1987年にアメリカ・ネイチャー誌に発表された、レベッカ・キャンらによる「ミトコンドリア・イヴ論文」によると ミトコンドリアDNAの特性を用いて母方の家系を辿ると「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる「ある一人の女性」に辿りつくと言われており、この女性こそが人類の現生人類の最古の共通祖先にあたると考えられています。 その後何万年もかけて、人類はまだ見ぬ世界を求め、各地へと旅立っていきました。
  • 私の遺伝子情報はどのような形で保管されていますか?
  • 外部から遮断された当社サーバーにてお客様の個人情報及び遺伝情報が保管されております。それぞれのサーバーにはアクセス権限が付与されており、当該アクセス権限が付与された当社の従業員のみがアクセスできます。また、システムのメンテナンス及びお客様からの問い合わせ対応以外に当社の従業員がアクセスすることは許されておりません。 電子的な報告書についてもお客様がgenelife.jpのウェブページに所定のID/パスワードにてログインしない限りお客様の遺伝情報が開示される事はありません。一方、当社の従業員がお客様の個人遺伝情報をおたずねすることはございませんが、遺伝子検査結果に伴うご質問がある場合には、お客様から検査結果またはお客様の本人確認情報を開示していただかない限りお答えできない場合もありますので予めご了承願います。
  • 遺伝子を調べた後の検体はどのようにしていますか?
  • 経済産業省が定めているガイドライン「個人遺伝情報保護ガイドライン」を厳守している事から、お客様のDNAが付着している検体および抽出したDNAは、目的の遺伝子解析が終了した時点で法令で定められた産業廃棄物、感染性廃棄物を処理できる専門業者経由にて破棄されます。 当社は、お客様から依頼があった遺伝子項目以外は解析いたしません。
  • 調べた後の私の遺伝子のデータがどのように使われるか心配です。
  • 当社では、お客様の遺伝情報はお客様の所有権とみなしており、当社はサービスの一環としてお客様の大切な遺伝情報を預かっている立場であります。従いましては、お客様の個人及び遺伝情報を第三者へ無償・有償にて譲渡もしくは公開する事は一切行いません。 ただし、お客様へのサービス向上の目的として重要とされる各遺伝子の人口頻度などの統計データは、当社のウェブサイト、学術論文にて公表する場合はございますが、いずれの場合も統計データという形式でのみ使用し、個人が特定できる個人情報は一切含まない事をお約束いたします。
  • キット購入、検査、結果閲覧のご質問について
  • GeneLifeが提供するサービスに準拠します。詳細はこちらからご確認ください。